2020/10/23 - 2020/10/28

一流のフードクリエイターと新しい食べ物を発表

東京造形大学 「メタモルフード展」

東京造形大学が、「見える化プロジェクト」の一環として、10月23日​より​DESIGNART TOKYO 2020にて、東京造形大学 造形学部 デザイン学科 インダストリアルデザイン専攻領域 酒井俊彦ゼミナールによる「メタモルフード展」を開催します。

世界一と称賛されたレストラン「エルブリ」の台頭により、食とデザインの距離は急速に縮まりましたが、食べ物自体にデザイナーが関わることは、まだ稀です。プロダクトデザイナー酒井俊彦が率いるゼミナールでは、インダストリアルデザイン専攻領域の学生を中心とした7名とワークショップを通じ、デザイン先行で食べ物を「変身」させる授業を行っています。

 

 

本展では、ミシュラン一つ星を獲得したフレンチレストランOde生井祐介オーナーシェフ、新進気鋭の日本人 トップパティシエINFINI金井史章オーナーシェフ、オランダの3DフードプリンターメーカーbyFlowの協力のもと、デザインを具現化し、新しい食の形を提案します。

 

 

日本を代表するトップシェフ、シェフパティシエと共に、未来のデザイナーはどのような「食」をつくり出すのか。DESIGNART TOKYO 2020『メタモルフード展』にて、見て、食べて、感じてください。

【メタモルフード展 公式SNS】

Instagram:@metamorfood2020
Twitter :​@metamorfood2020


【プロジェクトメンバー】
酒井俊彦ゼミナール:石原奈央、金丸峻也、後藤智音、林ももこ、宮下瑛帆、横山賢志、若松美穂
【プロフィール】

東京造形大学特任教授 / プロダクトデザイナー 酒井俊彦
1964年高知県生まれ。1987年東京造形大学デザイン学科卒業。1988年コーゾーデザインスタ ジオ入社。1992年にサカイデザインアソシエイツを設立し、現在に至る。東京造形大学特任教 授。柔軟な思考と姿勢でものの本質をつかみ、工業製品から家具、インテリアまで幅広い商品 をデザイン。Gマークをはじめとする受賞も数多い。さまざまなデザインプロジェクトのディレ クション、コンサルティングを手がけている。
​http://sakaidesign.co

 

 

Ode
生井祐介 シェフ
1975年、東京都生まれ。音楽の道を志していた最中、25歳で料理の世界に惹かれ転向。都内フランス料理店で働いた後、2003年より「レストランJ」(東京・表参道)、「マサズ」(長 野・軽井沢)の植木将仁氏のもとで約5年間修業。同じ軽井沢の「ウルー」で3年間シェフを務 めた後、2012年11月、東京・八丁堀の「シック・プッテートル」のシェフに。2015年度版ミ シュランガイドでは一つ星を獲得した。2017年3月より新店準備に入り、同年9月に「Ode」 (東京・広尾)をオープン。2019年度版ミシュランガイドにて一つ星を獲得。 2020年、Asia’s 50 Best Restaurantsで35位にランクイン。
​https://restaurant-ode.com

 

INFINI​
金井史章 シェフパティシエ
1978年埼玉県生まれ。2009年に渡仏し三つ星店「レストラン ギイ・サヴォア パリ」で経験を積み、在籍中に同グループの一つ星レストラン「ル・シベルタ」でシェフパティシエ代理を務める。帰国後、2011年に東京・青山のビストロ「ブノワ」のシェフパティシエ、2014年には 「UN GRAIN」シェフパティシエに就任。独立後の2020年1月、九品仏に待望の「INFINI」 を、7月に産学連携施設café INFINI TOKYO YAMANOTE、8月に松屋銀座店をオープン。
https://www.infinidepuis2020.com

 

 

byFlow​ ​3D Food Printer
独自の3Dフードプリンタを開発・販売するオランダの3Dプリンターメーカー。料理人・ 学校・研究開発施設等の食品業界に向け、新しい3D食品技術の研究を行う。
https://www.3dbyflow.com

 


▼東京造形大学 について
1966年設立。服飾や室内建築のデザイナー/ジャーナリストであった桑澤洋子により、デザインや美術の創作活動を、時代の精神や社会の創造に深く結び付いたものと捉え、造形活動を広く社会的な観点 から探究し実践する美術大学として開学。デザインと美術を「造形」という広い観点から総合的に捉え、 固定概念にとらわれない柔軟な発想力で、学生の独自性を育む教育を実践している。
2019 年より、タグライン『だれかで終わるな。』を制定。美術・デザインの高度教育を通して、 学生一人ひとりの独自性の確立を支援し、試行錯誤をおそれず、しなやかさの中にも強さを持ち、自らの力 で社会を切り拓く人材育成を目指している。
また、本展は​2016年に創立50周年を迎えた東​ 京造形大学​が、学生や教員の研究・制作活動の成果を積極的に学 外へ発信する「​見える化プロジェクト」​の一環として開催致します。

 

 

▼DESIGNART TOKYO 2020 について
2017年に始まったデザイン&アートフェスティバルです。世界屈指のミックスカルチャー都市である東京を 舞台に、世界中からインテリア、アート、ファッション、フードなど様々なジャンルのモノやコトが集結し、 都内各所で多彩なプレゼンテーションを行う取り組みで、各展示を回遊して街歩きが楽しめるイベントです。
名称:DESIGNART TOKYO 2020 (デザイナート・トーキョー 2020)
会期:2020 年10 月23 日(金)〜11 月3 日(火・祝)
オフィシャルWEB サイト:http://designart.jp
プレスデー:2020年10 月22 日(木) エリア:表参道・外苑前/原宿・明治神宮前/渋谷・恵比寿/代官山・中目黒 /六本木/新宿/銀座
主催:DESIGNART 実行委員会 ※新型コロナウィルスの影響により、一部内容に変更が発生する可能性がございます。

 

 

 

 

 

 

 

 


タイトル:メタモルフード展
主催:東京造形大学 インダストリアルデザイン専攻領域
会期::2020 年10 月23 日(金)〜10 月28 日(水)11:00​〜21:00
(10月28日(水) 12:00~18:00)